診療再開後の対応

これまでもずっと行ってきた事として

・すべての物の滅菌

➡オートクレーブによりすべてのウイルスを死滅させます

➡オートクレーブ=高圧蒸気滅菌器

(心臓手術の器具の滅菌にも使います)

➡強いウイルスは沸騰水に1時間以上つけても生きています

➡レストランのスプーンは滅菌ではなく洗剤で洗うレベルです

・滅菌できないものはすべて使い捨て

・手袋も1人当たり平均6枚以上使い捨て

上記に加え

コロナ感染対策として追加

1)建物・設備・心がけとして

・フルタイムの窓の開放と換気扇4台の作動

・予約来院前に事前に本人・家族の体調の確認

・消毒用エタノールによる医院内の徹底的清掃

・昼食時、休息時のスタッフ間での接触をなくす

2)スタッフから患者様への感染予防

・全員N95マスク+フェイスシールドの着用

・スタッフ本人と家族の体調管理報告

3)患者様と患者様間での感染予防

・診療台が5台ありますが2~3台まででの対応

・待合室で患者様同士が重なるのをゼロにする対応

・予約患者様優先でゆとりをもたした予約で密集をさけます

・新患の方は一度帰宅して頂き、予約時間に再来院してもらいます

・問診用ボールペンも多数準備し使用後はエタノール消毒

4)患者様からスタッフおよび歯科医師への感染予防

・全員N95マスク+フェイスシールドの着用

・事前の体調管理の問診

患者さまへ知ってほしいこと

一番重要なことは手指の消毒です。

ウイルスは口、鼻、目を汚れた指で触った時に

体内に侵入します。

一般のマスクのいいところは

★顔を触る指をブロックしてくれることと

★自分の飛沫を相手にあびせないことです

この2点です

相手の飛沫はどうしても顔とマスクのスキマから入ってきます

相手の飛沫は重力で2メートルで落下します

高性能のN95マスクでも

顔とマスクを密着せせないと意味がありません

繰り返しますが、外出時に何か触ったら

手洗いが一番です

手指がきれいなだけで

感染リスクは大幅になくなります

皆様のご健康をお祈りしております