2018年4月記載

福井県や和歌山県からの患者さんもおられます。一度は医院に受診していただきます。その後は4万円入金後に装置を自宅にお送りいたします。その後ご不明な点があればお電話で対応していきます。そして、できれば半年~1年に1回は再来していただけると発育成長に対して対応できるのでうれしいです。装置が破損した場合も1万円追加入金していただけると装置を自宅にお届けいたします。平成31年には、名古屋や岡山からの患者さんが来院してくれました。

2022年1月追記

最近では患者さんも多く、医院で使用するK1,K2,T2の全サイズを取りそろえていますので来院時に開始される方も多いです。相談の多くは最寄りの医院では40万円前後とよくお聞きいたしますが、もし40万円で満足のいく結果が得られたのであればそれはそれで価値のある事だと思います。遠方の当院を選んで頂き時間と交通費を使って半年に1回来られるのかどうか中途半端になるくらいなら最寄りの医院でしっかり通院して歯並びをよくするというゴールを目指すのも大切な事だと思います。また、高いお金を払うとまじめに通院することによりゴールにたどりつけます。しかし誰もが高いお金で治療できるわけでもないので当院は4万円~7万円というスタイルでさせて頂いております。マイオブレース治療の考え方も医院で異なり、「アクティビティをして癖を改善しないと治らないよ、治らなければ本格的な治療が必要ですよ」なのが基本である事はわかりますが、当院での明確な考え方は適切な時期にK1,K2,T2などの適切なマウスピースを選んで装着することに集中してもらっており、アクティビティはしてもしなくても良いという考えで結果を出してきました。もし最寄りの医院で相談されるときに「マイオブレースのどのタイプどのタイプのマウスピースを自分の子に使う予定でしょうか?みなさん何個ぐらい使われますか?」とお聞きになり、丁寧にお答えくださればマイオブレースだけで良くしてくれる可能性のある安心できる医院だと思います。とりあえずマウスピースをはめてアクティビティに通って、破けても新しいのに変えてもらえず、治らなければ最後は本格的なワイヤー矯正だなという考えはどうかなと思います。

それでも当院を希望して頂けるなら1度は来院して写真と歯型をとりご説明を致します。東京などでも年に1回来院して頂けるならそれで十分とは言えませんがなんとかできる範囲です。しかしその1年に1度が続かない事があります。どうしても子どもの成長に応じてマウスピースのサイズやタイプを選ぶ必要があるので、写真などはLINEで確認できますが、歯型だけはなかなか難しいところです。かかりつけの歯科医院で快く歯型模型を作って送って頂ければ大いに参考になりそれにあったマウスピースを送ることも不可能ではありませんが、やはり3か月に1度通院される子ども達に比べて情報量が少ないのでどこまで満足してもらえるかはやってみないとわかりません。できる範囲で当院も頑張りますが上記の事などご理解して頂いた上で頑張って頂ければありがたく思います。