当院は4万円~7万円の費用でマイオブレースのK1,K2,T2を目的別に使用してます。プレオルソとよく似たMRC製品と比べてみます。

2つとも筋機能訓練にて歯を並べる方法です。つまり歯を力で動かさない方法です。

 

★MRC製品(世界中で使われ30年以上の実績)

オーストラリアで1989年に開発され使用

・トレーナーシステム(T4Kなど)

・マイオブレースシステム(K1,K2,T2など)

★プレオルソ(10年前に日本で開発され使用)

プレオルソとは

10年ほど前から使われている製品です。

岡山県の歯科医師が開発しました

日本ではよく使われているようです

ポリウレタン製で

type1~type3があります。

開始時期・適応年齢・使い方は

MRC製品と

よく似てると思います

プレオルソはお湯で形を変えるようですが

マイオブレースは形は変わりません

 

当院でプレオルソを使っていない理由は

当院が筋機能訓練に着目した2012年頃には

まだプレオルソは普及してなかったことと

材質がポリウレタン製であることです。

詳しいことは明確ではありませんが

私は子供の口にポリウレタン製品を

入れることに少し抵抗があります。

それも毎晩、2年以上と思うと

いくら安心と説明されても

他の選択肢があるなら

自分の子どもには使わないです。

当院で使用しているマイオブレースの

K1、K2、T2は

医療現場や赤ちゃんにも使用されている

シリコン製です

当院では30年以上の歴史と安定感のある

オーストラリア製のMyobrace for Kids

を使っております。

シリコン製で

おそらくプレオルソより破けやすいので

装着時はおしゃべりしないように

お願い致します

1年ぐらい使用すると縮むことがあります

K2,T2の内部コアーは舌,頬,唇の筋の圧力から歯を守ってくれます

歯列はマウスピース内の空間でノビノビと成長発育します

K2とT2の違いはT2の方が上顎犬歯部が広く、さらに上顎の成長を促進させます

つまり顎が拡大されるイメージです

保定は癖の再発を防げばいいのでK1を使います

☆マウスピースの選び方

☆他より安い理由(4万~7万)

☆なぜ安い?その2

参考までに

マイオブレースは講習を受ける条件などはなく歯科医院ならすぐに電話で注文できます。また電話で質問すればお答えしてくれます。痛い時にどの部分なら切れるか、他の質問にもこれまでお答えして頂き解決してきました。昔の論文等も送ってくれました。マイオブレースは随時講習会もしているので興味のある方は参加すれば良いと思います。当院でも1回参加してアクティビティのオリジナルDVDを購入しました。プレオルソについてはまずは講習会に行ってからではないと商品も購入することもできず、今のところ材質以外の情報はネットで調べてもわかりません。硬いのか軟らかいのか、切っていいのかダメなのか、商品の定価も不明です。いつかプレオルソをしている後輩に確認してみたいと思います。