|子ども,小学生,歯並び,矯正4万円~|

|吹田市,豊津,関大前,千里山,南千里|

|北千里,江坂,緑地公園,千里中央|

マウスピース矯正 記 I2088

原町から紹介で来られたNちゃん。他の医院で矯正をすすめられ8歳の時に来院。上下ともお口が小さくスペースがない。前歯が1本分反対咬合でしたがスペース作りを優先し、ちょうど1年前からK1をスタートしました。1か月後には1本分の反対咬合は切端咬合まで改善。夜は頑張ってはめて寝てくれているとのこと、でも朝には自然と口からマウスピースがはずれているようです。3か月後に話を聞くと最近はかなりさぼっているようで、再度「頑張ろうね」と少し長い間その必要性を説明して頑張ることを約束しました。スタートから4か月後の話しでは頑張っているとのことで安心。そして上顎の犬歯が萌出してきたのでK2に変更。花粉症もあり時々鼻がつまり使えない事もあるが努力はしているとのこと。今月でK2開始後半年が経過しました。下顎の前歯はキレイに並びました。今の問題は上の両側の犬歯のスペース不足です。このままではいわゆる「八重歯」になってしまいます。現在9歳で残存乳歯は上顎の第2乳臼歯の2本だけ、時間もないのでT2に変更することを保護者の方に説明しました。T2はK2に比べ上顎犬歯の幅にゆとりを持たせているためこの場合はK2よりT2を選択することが有効であると言われています。